Page: /

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    | - | - |

    シナモン、ダメ、ヤッパリ

     インターホンを押すと、ぴんぽーん、と音がした。「Tさーん、きたよー」
     奥から足音が近づいてきて、ドアが開く。「Mちゃん、いらっしゃい」
    「メリークリスマース!」
    「おお、テンション高いなあ」
    「だって今日はクリスマスなんだよ?」おじゃましまーす、と玄関に入って靴を脱ぐ。
    「えーまあそうだけど、いまどきクリスマスなんて、カップルがいちゃつく口実みたいなもんじゃん」
     はああ、と溜息をつくTさんに続いて、部屋に入る。
    「まあまあ。たしかに、街を練り歩くいくつものカップルを見ていると、片っ端から殴り倒してサンタクロース色に染めてみたくなるけど、そこはガマン、ガマン」
    「けっこう黒い本音が漏れでたね」
    「気のせいだよきっと」
    「え、黒Mちゃん降臨じゃなく?」
    「ちょっとTさん、そんな意地悪なことばっかり言うと、プレゼントあげないよ?」
    「え、プレゼントくれるの?」Tさんがぱっと顔を輝かせる。
    「ほらこれ、クリスマスプレゼント」持っていた袋を差し出す。
    「わーいMちゃんありがとー。実はさっきから気になってたんだ。中身は何かな?」
    「Tちゃんの好きなケーキだよ」
    「え、マジで? なんのケーキ?」
    「それは、あけてみてのお楽しみ」
    「えーなんだろー。イチゴショートかなあ。もうあけていいの?」
    「もちろん」
     屈託のない笑みを浮かべ、うきうきとしながら袋から箱を取り出す。無垢な瞳はプレゼントに釘付けで、隣に座る私の邪悪な笑みには気づいていない。
     そしてついにパンドラの箱は開かれた。
    「じゃーん!」
    「おおーっ」声を上げるTさん。その笑顔がだんだん疑いの色に染まっていく。「……え?」
     箱の中には、黄金色のリンゴが敷き詰められ、とろりとしたジャムで包まれた、すこし平べったい形のケーキがあった。端っこのクッキー生地がきれいなきつね色に焼けている。真ん中にはツリーが描かれた紙が刺さっていた。
    「Tさんの好きなアップルタルトだよー!」
     私の声が大きく響き渡った。そして沈黙。暖房が入っているはずの部屋の空気が、徐々に凍りついていくみたいだった。Tさんの肩が小刻みに震えだしたのは、たぶん寒さのせいじゃないだろう。
    「く……」
    「く?」
    「く・え・る・かー!!!」
    「かー!」のタイミングで、ケーキが箱ごと放り投げられる。「ああ、もったいない!」私は稀に見る反射神経でもってそれを受け止める。ナイスキャッチ。
    「Tさん、ひどい!」」
    「ひどいのはどっちだー! そんなシナモンだらけの物体、食ったら死んでまうわー!」
    「Tさんのために、特別にシナモン増量してもらったんだよ?」
    「殺す気満々かよ!」
    「ひどいTさん……私の愛情は、受け取ってもらえないの?」
    「やかましい!!」
     しゃー、と猫のように威嚇する。
    「……というのは冗談です」
    「Mちゃんの冗談はタチが悪すぎるよ……」
     てへっ、と舌を出して見せる。即座に、てへっじゃねーよコンチクショウ、とツッコミが入った。
     リュックに隠していたもう一つの箱を取り出す。
    「こっちが本命です」
    「またシナモンじゃないよね」
     おそるおそる箱を開けるTさん。だいぶ警戒させてしまったようだ。けど、その警戒心も、箱の中身を見た瞬間に吹き飛んだ。
    「あ、イチゴショートだ! わーい」
     ああ、なんていとおしい笑顔。降り積もったばかりの白い雪みたいだ。そこに思い切り靴の跡をつける。想像しただけでもうっとりとしてしまうその行為を前にして、私の心臓は高鳴っていく。
    「しかもサンタがのってるよ! 小さいのにすごい凝ってるね」
     はしゃぐTさんの隣で、私は鞄から小さな瓶を取り出した。
    「でも、仕上げがまだだよ」
    「え?」
     ぱちんとフタを開け、流れるような動作で瓶の中身をケーキの上から振りかける。ケーキに積もった白い雪を、茶色い粉が蹂躙していく。Tさんがゆっくりと目を見開き、口を開ける。
     瓶を左右に五回往復させると、白かったケーキはまんべんなく茶色に覆われた。ぱちんとフタを閉じて、口を開けたまま茫然としているTさんに、瓶のラベルを見せつける。そこには言うまでもなく、シナモンの四文字が。
     Tさんは、驚きと悲しみをごちゃまぜにしたみたいな表情のまま、何も言わない。私は達成感と陶酔感に包まれながら、その様子を眺める。
    「Tさん?」
     Tさんは、何も言わない。
    「目が死んでるよ?」
    「イチゴショート……」かすれた呟きが口から漏れる。「私のイチゴショートが……」
     Tさんの瞳の端から雫が頬を伝った。滂沱の涙を流しながらも、表情は固まったままだ。
     私はそこでやっと我に返る。しまった、やりすぎたかな。
    「ご、ごめんねTさん。でも大丈夫だよ、瓶にはシナモンって書いてあるけど、あれはただのココアパウダーだよ」
     Tさんは、何も言わない。何も見ていない。
    「Tさん? Tさん?」
     私はTさんの肩を前後に揺する。かっくん、かっくん、と人形のように首が上下する。手を離すと、そのまま崩れ落ちた。
     Tさんが壊れてしまった。私が、Tさんを壊してしまった。
    「Tさん、ごめんね、ごめんね」

    「本当にごめんなさい」
     洋食屋さんで向かいの席に座るTさんに頭を下げる。
     あれからTさんが回復するまでに二時間かかった。そのあとも怒ってしばらく口を聞いてくれなかったけれど、ホールのショートケーキとオムライスをおごることを条件に、なんとか許してもらえることになった。
     Tさんは、スプーンでデミグラスソースのかかったオムライスをつつきながら、疑うような目で私をにらんだ。それから「ふーんだ」と唇を尖らせる。
    「いいよ、もう。私はプレゼント用意してなかったし」
    「ありがとう」
     実のところ、Tさんをいじめることで得られた陶酔感が、私へのクリスマスプレゼントみたいなものだった。受け取ったというよりも、むりやり奪った感じだけど。そしてそのために支払われる対価は、けっこう大きいけど。
     そんなことを思っていると、ぴっとスプーンを突きつけられた。
    「Mちゃん」
    「はい、なんでしょうか」
    「もう二度といじめない?」
    「え? えーと……」思わず目をそらす。「それは……たぶん、無理」
    「もー、Mちゃんきらいー!」
     彼女の心底嫌そうな顔に、筋金入りのドSの私は悶絶する。

     なにはともあれ、メリー・クリスマス。

    JUGEMテーマ:小説/詩


    * 前に書いたの:シナモン、ダメ、ゼッタイ
    0

      | シナモン、ダメ | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0

        | - | - |

        Comments









        << 机の落書き | main | ペンネーム戦争 >>