Page: /

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    | - | - |

    『アステリズムに花束を』

    宮澤伊織『キミノスケープ』
     廃墟さまよう感じ好き。静かさと風景の描写がよい。姿が見えない百合ってすごいな。

    森田季節『四十九日恋文』
     字数制限設定とこの状況で交わされる他愛ない会話の重み。ライトなのに残る。

    今井哲也『ピロウトーク』
     うん正直何を言ってるかよくわからない楽しい。かわいい。好き。

    草野原々『幽世知能』
     うわあ痛い系どろどろ百合かける異界ものだあー。怖いもの見たさみたいな意味合いで好み。

    伴名練『彼岸花』
     最高か。この短さでよくここまでドストライクなジャンル詰めこんでくるよな。授業のシーンで引きこまれ、終盤ではひっくり返され。本当におすすめなので読め。読んでください。

    南木義隆『月と怪物』
     ソ連百合。pixivの例の企画からの再読。この灰色の世界に立ち上る色彩の美しさよ。横書きと印象が変わるなーと思いながら読んだ。

    櫻木みわ+麦原遼『海の双翼』
     語りかける文体と映像喚起力、ひりひりするような心の機微。ちょっとあの「外せない?」はエロすぎるだろう。

    陸秋槎『色のない緑』
     好きだわー。女子三人が機械翻訳とかディープラーニングについて議論するの。なんかこの本の中で一番知的好奇心がくすぐられた。回想と交互に進む構成もよくて、読み進めるにつれ切なくなる。後半の酒飲むシーンが素晴らしい。

    小川一水『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』
     宇宙オペラかける漁業、しかも身長高めゆる巨乳と小柄銀髪ツンデレとか! わかっていらっしゃる! 終電で帰宅中に読みながらにやにやしっぱなしだった。小気味よい掛け合いと、ふいに冷たい引き。最後の最後まではらはらドキドキさせてくれるし、最高かよ。

     ……ということで総じて濃い作品が集結しており、控え目に言って最高なので読んでください。こちらからは以上です。

    JUGEMテーマ:読書感想文



    0

      | 感想 | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0

        | - | - |

        Comments









        << 山尾悠子『増補 夢の遠近法 初期作品集』 | main | ねじれ双角錐群『心射方位図の赤道で待ってる』 >>